VCS-261 試験問題集

  • 試験コード:VCS-261
  • 試験名称:Administration of Veritas InfoScale Storage 7.3 for UNIX/Linux
  • 問題数:0 問題と回答

弊社はぜひ全力を尽くして VCS-261 試験問題集をお客様に提供いたします。もしお客様は VCS-261 試験問題集に興味を持たれば、お客様のメールアドレスを書いていただきます。もしあれば、弊社はすぐお客様に通知いたします。

VCS-261 試験問題集PDF版
  • 印刷可能なVCS-261 PDF版
  • VCS-261無料PDFデモをご利用
  • 専門家による準備
  • いつでもどこでも勉強
  • インスタントダウンロード
VCS-261 試験問題集オンライン版
  • すべてのWebブラウザをサポート
  • 学習を簡単に、便利オンラインツール
  • インスタントオンラインアクセス
  • Windows/Mac/Android/iOSなどをサポート
  • テスト履歴と性能レビュー
VCS-261 試験問題集ソフト版
  • インストール可能なソフトウェア応用
  • 本番の試験環境をシミュレート
  • MSシステムをサポート
  • いつでもオフラインで練習
  • 人にVCS-261試験の自信をもたせる

100%返金保証

JPNTestは、お客様の間で初めて合格率99.6%を達成しています。弊社はVCS-261試験問題集に自信を持っており、365日無料アップデット\購入前にサンプルチェック、面倒な製品を提供していません。

VCS-261 認定試験の出題範囲:

トピック出題範囲
トピック 1
  • Describe how to create and configure local and clustered Veritas File Systems
  • Describe how to perform file system administration
トピック 2
  • Describe how to perform basic troubleshooting and recovery to address InfoScale Storage failures
  • Describe how to configure and manage SmartIO
トピック 3
  • Identify the InfoScale Storage tools used to monitor and analyze performance
  • Demonstrate an understanding of advanced InfoScale Storage architectures
トピック 4
  • Describe how the kernel components manage the InfoScale Storage architecture
  • Describe how InfoScale Storage supports thin provisioning, including thin reclamation
トピック 5
  • Describe how to perform online administrative tasks for Veritas Volume Manager
  • Describe how to add disks and create local and clustered disk groups
トピック 6
  • Define the benefits and components of Veritas InfoScale Storage
  • Identify the file systems that would benefit from File System data compression
トピック 7
  • Describe how to configure the Site Awareness feature of InfoScale Storage
  • Identify InfoScale Storage physical and virtual objects
トピック 8
  • Describe how to administer Dynamic Multi-Pathing for storage management and reporting
  • Describe how to create and delete concatenated, striped, mirrored, RAID-5, and layered volumes
トピック 9
  • Define the InfoScale Storage capabilities for Storage Tiering using SmartTier
  • Define the types, purpose, and benefits of storage virtualization

0 お客様のコメント最新のコメント 「一部の類似なコメント・古いコメントは隠されています」

メッセージを送る

お客様のメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

関連製品

関するブログ

0
0
0
0

弊社を連絡する

我々は12時間以内ですべてのお問い合わせを答えます。

オンラインサポート時間:( UTC+9 ) 9:00-24:00
月曜日から土曜日まで

サポート:現在連絡